戦国期の城と地域 - 山下孝司

戦国期の城と地域 山下孝司

Add: eleruri46 - Date: 2020-12-02 06:02:52 - Views: 4082 - Clicks: 633

山下 孝司 略歴 〈山下孝司〉1957年山梨県生まれ。甲府市教育委員会生涯学習文化課文化財係嘱託。著書に「戦国期の城と地域」がある。 〈平山優〉1964年東京都生まれ。山梨県立中央高等学校教諭。著書に「真田信繁」など。. 6: 新府城と武田勝頼: 網野善彦 監修 ; 山梨県韮崎市教育委員会 編: 新人物往来社:. 6 中世史研究叢書 26. 『家忠日記』にみる戦国期の水害と治水 畑 大介 若草町所蔵の治水利水に係る使用帳・出来形帳の類について 田中大輔 【研究報告第9集】1999年 価格3500円 723g 送料340円 B5判 総331頁.

山下孝司『戦国期の城と地域―甲斐武田氏領国にみる城館―』 (岩田書院) 論文; 秋山正典「前橋藩士八木家に伝来した中世文書」 (『双文』31号). 『家忠日記』にみる戦国期の水害と治水 畑 大介 若草町所蔵の治水利水に係る使用帳・出来形帳の類について 田中大輔 【研究報告第9集】1999年 価格3500円 723g 送料340円 B5判 総331頁 戦国期の城と地域 <中世史研究叢書 26> 初版 ¥ 8,500 山下孝司 著 、岩田書院 、. 25 戦国期武田氏領の地域支配: 8900: 山下 孝司: 26 戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館: 8900: 木下 昌規: 27 戦国期足利将軍家の権力構造: 8900: 長谷川 裕子: 28 戦国期の地域権力と惣国一揆: 7900: 糸賀 茂男: 29 常陸中世武士団の史的考察: 7400: 高岡 徹: 30. 郷土の本 山下孝司『戦国期の城と地域』 : 甲斐武田氏領国にみる城館 田代 孝 甲斐 (136), 52-54, -06. 戦国期の城と地域 - 甲斐武田氏領国にみる城館 - 山下孝司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

6 22cm 392p K24/ヤマ/史跡勝沼氏館跡 甲州市教育委員会生涯学習課/編集 甲州市教育委員会. 58 事務局だより. 講師:山下孝司氏 山梨県生まれ。琉球大学法文学部史 学科卒業。韮崎市教育委員会専門監 退職後、甲府市教育委員会歴史文化 財課職員を経て、現在山梨大学非常 勤講師。武田氏研究会事務局長。著 書に『戦国期の城と地域―甲斐武田. 戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館 (中世史研究叢書)/山下 孝司(歴史・地理・民俗) - 中世の甲斐国における城館、戦乱のなかを生き抜いた民衆と城とのかかわり、大名領国の境界に位置した境目の城、作法・竹木の調達・職人などの観点から. 序章 北部九州戦国史研究と城館/戦国期秋月氏の城館構成(戦国末期の北部九州と秋月氏/戦国期秋月氏の城館事例/戦国期秋月氏の城館構成/城館構成モデル提示の意義)/北部九州戦国期城館の諸相(九州の戦国期城館に構築された畝状空堀群/戦国期小規模城館群の様相―筑前鞍手郡. 55 資料館紹介 名取美穂 韮崎市歴史民俗資料館 ---p. 田代 孝 山下孝司『戦国期の城と地域 ― 甲斐武田氏領国にみる城館』 ---p. 甲斐の国中地域に.

1。 NDC9 版:215. 南北朝期法隆寺記録―南都寺社史料集〈1〉 (史料選書) 倭政権の構造 支配構造篇〈上巻〉 倭政権の構造 支配構造篇〈下巻〉 戦国期の城と地域―甲斐武田氏領国にみる城館 (中世史研究叢書) 戦国大名武田氏と地域社会 (岩田書院ブックレット歴史考古学系). かつて相馬氏、神保氏が支配し、戦国期に原氏、高城氏の影響下にあった船橋地域北部、白井地域の城について紹介します。 HOME | 下総地方の城 | 城郭用語集 | システム監査とセキュリティ | 黒川郷士と渡良瀬 | 数字と地名 | 更新履歴ほか. 目次 : 第1部 中世城館の歴史的立地(城の成立と展開―概説.

タイトル: 戦国期の城と地域 : 甲斐武田氏領国にみる城館: 著者: 山下孝司 著: 著者標目: 山下, 孝司, 1957-シリーズ名. 12 戦国期の城と地域 (中世史研究叢書 26) 山下 孝司/著 岩田書院. 山下, 孝司, 1957- 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 3 30cm vi,220p,図版5枚 K24/コウ/. 戦国期の城と地域: 著作者等: 山下 孝司: 書名ヨミ: センゴクキ ノ シロ ト チイキ : カイ タケダ シ リョウゴク ニ ミル ジョウカン: 書名別名: 甲斐武田氏領国にみる城館. 山下孝司, 戦国期の城と地域 - 山下孝司 平山優 編: 吉川弘文館:.

山下 孝司 | 年09月23日頃発売 | 甲信越に今も遺る多くの中世城館跡。武田信玄・勝頼らの時世を偲ばせる堀や土塁、郭(くるわ)の痕跡は訪れる者を魅了する。山梨県から精選した名城61を、国中(くになか)五地域と郡内(ぐんない)に分け、豊富な図版を交えて紹介する。詳細・正確な内容と. 戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。. 戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館: シリーズ: 中世史研究叢書26: 著者: 山下 孝司 著: 発行元: 岩田書院: 出版年: /06: 判: a5: ページ: 392: 六一id: n45581: isbn:: 付属品: 箱. 戦国期安積郡の城館: 垣内 和孝: 伏見・指月城の調査: 山本 雅和: 権現山城(横浜市)について: 目黒 公司: 考古資料からみた横矢掛け ― 戦国期の西日本地域を中心に: 早川 圭: 西南日本の城郭の横矢掛かりから考える ― 城郭研究と年代観: 中西 義昌.

戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館 中世史研究叢書26 山下 孝司 著 (山梨県韮崎市教育委員会/1957年生まれ) 年6月刊 A5判・392頁・上製本・函入 isbnc円 (税別). 52 石川 博 長篠合戦に関する平山氏、藤本氏の著作紹介 ---p. 甲府城下町の境界領域-中世から近世に続く“場”の意識-. 1957年山梨県生まれ。甲府市教育委員会生涯学習文化課文化財係嘱託。著書に「戦国期の城と地域」がある。。 1964年東京都生まれ。山梨県立中央高等学校教諭。著書に「真田信繁」など。。. 06 山下孝司『戦国期の城と地域 ―甲斐武田氏領国にみる城館』 『甲斐』 第136号 p. Amazonで山下 孝司の戦国期の城と地域―甲斐武田氏領国にみる城館 (中世史研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。山下 孝司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 戦国期の山野利用と領主. 6。 ページと大きさ。 392p/22cm。 シリーズ名。 中世史研究叢書 26。 件名。 山梨県-歴史。 城。 武田氏。 分類。 NDC8 版:215.

山下孝司「戦国期城館の概念―「城」と「館」の言葉の意味を問う―」 (『甲斐』110号) 山下孝司「山本勘助の屋敷と墓の伝承をめぐって」 (上野晴朗・萩原三雄編『山本勘助のすべて』新人物往来社). Amazonで山下 孝司の戦国期の城と地域―甲斐武田氏領国にみる城館 (中世史研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。山下 孝司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 10: 戦国期の城と地域: 山下孝司 著: 岩田書院:. Pontaポイント使えます! | 戦国期の城と地域 甲斐武田氏領国にみる城館 中世史研究叢書 | 山下孝司 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 08 近世の経石 ―諸宗派の一石経― 『甲斐路』 第101号 p. 3: 甲斐中世史と仏教美術: 植松又次先生頌寿記念論文集刊行会 編: 名著: 1994. 年07月20日 午後1時30分~午後3時30分:「戦国期甲斐の地域武士団と城郭」萩原 三雄 先生(山梨郷土研究会企画運営委員長) 年08月03日 午後1時30分~午後3時30分:「戦国甲斐の山々と武田一族」西川 広平 先生(中央大学文学部准教授). 黒田基樹『戦国期山内上杉氏の研究』 柴辻俊六『戦国期武田氏領の地域支配』 山下孝司『戦国期の城と地域:甲斐武田氏領国にみる城館』 木下昌規『戦国期足利将軍家の権力構造』 長谷川裕子『戦国期の地域権力と惣国一揆』 岩田選書 地域の中世(岩田.

戦国期の城と地域 : 甲斐武田氏領国にみる城館. 1。 ISBN。。 価格。 ¥8900. こうした城と守護大名城下町の整備は応仁の乱の後に大きく進みました。 たとえば、福井市にある朝倉氏の舘の背後の山に築かれた山城は郭下の斜面に堀と土塁を交互に並べて築いた畝状空堀群を140本も備えていた戦国期に特徴的な防御施設でした。. 6 、392p 、22cm. 山下/孝司‖著(ヤマシタ,タカシ)。 出版者。 岩田書院/東京。 出版年。. 「甲信越の名城を歩く 山梨編」 山下孝司 / 平山優 定価: ¥ 2,750 山下孝司 平山優 本 book 人文 社会 県内から精選した名城61を、国中五地域と郡内に分け、豊富な図版を交えて紹介。最新の発掘成果と文献による解説を加える。. 岩田書院. 今回は林野(はやしの)城と倉敷城の二つの名をもった中世・戦国期の城跡です。林野・倉敷の城名は、双方とも古文書に表記されているため、今では二つの名が並記されています。(林野城は鎌倉期より、倉敷城は戦国期に表記されている)この城は梶並川を挟んで三星城と向かい合い、出雲.

戦国期の城と地域 - 山下孝司

email: puvyhas@gmail.com - phone:(458) 499-8592 x 8455

そうしたら掌に自由が残った - さだまさし - 山本周五郎 寝ぼけ署長

-> 「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲 - ニコライ
-> 天才伝説 全米オープンメジャー挑戦編 - みのもけんじ

戦国期の城と地域 - 山下孝司 - 中国問題文献辞典 馬場明男


Sitemap 1

カワサキ マッハ - 小関和夫 - 図解で早わかり 倒産法のしくみ